金精神|こんせいしん

男根のことを、大魔羅様とか金精様などと呼んで祀っている神社多い、これらは生産に結び付く性器崇拝の深奥によるものであろう。金精神は男根に似た自然石・木々。金製の陽物ご神体として祀った紙で、全国各地に分布している。

金精神は男性性器崇拝の信仰をもち、男女の縁結び、出産、性病の祈願に効果があるとされ、祈願者は金・石・木でつくられた男性器と同じ形の品を作って納めることになっている。

金精は男根の勃起した姿であり、金は金色のように輝く立派なものとの意味をもち、精は精力絶倫を表している。金精神の本源の神社は岩手県岩手郡山村巻堀に鎮座する巻堀神社と言われているが定かではない。

性器をご神体とする神社は多数ある。有名な愛知県小牧市の田県(たがた)神社、その近くにある犬山市の大県(おおがた)神社をはじめ、各地の金山神社などである。“かねやま”が“かなまら”に音が近いせいか、男根を祀っていることが多いようである。

[金精神をまつる神社]

  • 岩手県岩手郡玉山村巻堀 巻堀神社
  • 群馬・栃木の県境・金精峠 金精祠
  • 神奈川県川崎市川崎区大師前 金山神社
  • 宮城県伊具郡丸森町 金山神社
  • 名古屋市熱田区 金山神社社務所
  • 山形県西村山郡西川町 八聖山金山神社
  • 鳥取市佐治町 金山神社
  • 山梨県甲斐市宇津谷 金山神社
  • 千葉県松戸市根本 金山神社
  • 栃木県小山市犬塚 金山神社