環境ホルモンって

環境ホルモンは男性ホルモンや女性ホルモンと同様に作用し、ホルモンの分泌を乱して生殖機能や免疫機能に障害をもたらします。

昨今、食品添加物や農薬など環境ホルモン問題が叫ばれるようになってきました。それらの有害物質は体内に入り蓄積したとしても痛みが生じるわけでもなく、体調が急激に変わるものでもなく、自覚症状なしに蓄積されていくのです。体調の変化に気がついた時には既に手遅れの状態になっているのが環境ホルモンなのです。

最近男性の精子に奇形が多くみられるようになってきました。健康な妊婦の体内からも多量のダイオキシンが抽出されたという調査報告もあります。これらの毒性のある化学物質が母体を通じて胎児に移行すると、胎児は性差を決ていしたり、重要な臓器がつくられる時期に環境ホルモンの影響を強く受けてしまいます。

環境ホルモンは動植物の奇形や突然変異などに深くかかわりがあるのです。

木村さんの待ち受けが欲しい人は⇒木村さんの待ち受けへ